ホワイトニング|金沢で女性医師が精密な矯正治療をご提供するLINO矯正歯科(リノ矯正歯科)

火・水・木・土曜/ 第2・4日曜(翌々日の火曜は休診)
10:00~19:00 (最終受付 18:30)
076-255-2623
RESERVE CONTACT MENU

ホワイトニング

ホワイトニングとは Whitening

ホワイトニングとは

歯が着色する原因のひとつとして、コーヒーやお茶などによるステイン、それに喫煙によるタバコのヤニがあります。これらは歯の表面に付着するもので、クリーニングによってきれいに除去できます。 しかし、クリーニングでは取り除けない着色があります。それが、歯の内部の黄ばみによるものです。歯を覆っているエナメル質という層が薄くなると、内部にある象牙質という黄色っぽい層が透けてしまい、黄ばんで見えてしまいます。ホワイトニングは、こうした歯の内部の黄ばみに作用します。歯に薬剤を塗ると含有された成分が浸透して色素を分解し、歯が白く見えるようになります。大事なイベントに合わせて計画的に歯を白くできます。また、施術で歯を削ることはありません。

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングについて

歯科医院に通わず、ご自身で歯に薬剤を塗っていただく治療法です。はじめはご来院いただき、薬剤を塗るときに必要なマウスピースを作製します。数日後に薬剤と一緒にマウスピースをお渡しします。その後はご都合の良い時間にご自宅でホワイトニングをしていただきます。
ホームホワイトニングの薬剤に入っている成分は「過酸化尿素」というもので、ゆっくりと歯を白くしていく作用があります。すぐに歯の白さを実感できるわけではありませんが、希望の色合いになってからは歯の白さが長持ちします。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

好きなタイミングでホワイトニングができる

お仕事や家事が忙しく、定期的に歯科医院へ通うのが難しい方もいます。ホームホワイトニングであれば、仕事が終わった後など都合の良い時間を選んでホワイトニングができます。

歯の白さが長く持続する

ホワイトニングの効果を実感するまでは時間がかかるものの、理想的な白さを手にしてからは効果が長続きします。歯を白くしたいタイミングまでに余裕がある方におすすめです。

薬剤を追加購入できる

マウスピースを所持していれば、薬剤を追加購入してホワイトニングを継続できます。マウスピースを再び作製する必要がないので、価格は薬剤代のみになります。

デメリット

すぐに効果を実感できない

ホームホワイトニングで使用する薬剤は、安全性を考慮して濃度が低いものになっています。そのため、すぐに歯が白くなるというわけではありません。近日中に歯を白くしたい場合は注意が必要です。

自己管理が必要

毎日決められた時間をかけて歯に薬剤を浸透させると、スムーズに白くなります。好きなタイミングでホワイトニングができますが、裏を返せば自己管理のもとで継続しなければなりません。

マウスピースを長時間つける必要がある

薬剤を塗ったマウスピースを装着する時間は、基本的に1時間以上となります。マウスピースを長時間つけているのが苦痛に感じる場合は、考慮する必要があるでしょう。

ホームホワイトニングの流れ

STEP01

カウンセリング

ご記入いただいた問診票をもとにカウンセリングをし、ホームホワイトニングについて詳しくご説明します。お悩みなどについても伺いますので、何でもお話しください。

STEP02

口の中のチェック

スムーズにホワイトニングをするため、虫歯や歯周病の有無などを確認します。状態によっては、虫歯や歯周病を優先的に治療してからホームホワイトニングに入ります。

STEP03

クリーニング

歯の表面についた着色や歯垢、歯石などを落とします。クリーニングで歯の表面が滑らかになると薬剤がバランスよく浸透し、スムーズに歯が白くなります。

STEP04

マウスピースの作製

薬剤を塗るために使うマウスピースを作製します。患者さまの歯型を取り、違和感の少ないマウスピースを作ります。マウスピースは後日のお渡しとなります。

STEP05

マウスピースと薬剤のお渡し

歯型を取ってから約1週間後、完成したマウスピースがお口に合うか確認します。マウスピースがフィットするようでしたら、薬剤と一緒にお渡しします。

STEP06

白さのチェック

ご自宅で1~2週間ホワイトニングを行なっていただいたら、通院していただき経過をチェックします。希望の白さになったら治療は終了です。ホワイトニングを再開する場合は、薬剤を追加で購入するだけになります。

ホームホワイトニングの一般的なリスク・副作用
  1. 審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  2. 薬剤のおもな成分、過酸化尿素には歯の表面の保護膜を溶かす作用があります。保護膜が元に戻るまでの24~48時間程度は、歯の表面が荒れやすくなります。
  3. 薬剤が歯の神経に強い刺激を与えるため、知覚過敏の症状が生じることがあります。
  4. 低濃度の薬剤で時間をかけて白くするので、効果があらわれるまで時間がかかります。
  5. ご自分で行なうため、白さの調整が難しく、仕上がりの予測がつきにくくなります。
  6. ご自分で行なうため、薬剤の量やマウスピースの使用法などが適切であるか、自己判断が難しくなります。