唇側矯正|金沢で女性医師が精密な矯正治療をご提供するLINO矯正歯科(リノ矯正歯科)

火・水・木・土曜/ 第2・4日曜(翌々日の火曜は休診)
10:00~19:00 (最終受付 18:30)
076-255-2623
RESERVE CONTACT MENU

唇側矯正

唇側矯正とは Labial

唇側矯正とは

歯の表側に装置をつける矯正治療です。歯につけるのはブラケットと呼ばれる小さな器具で、これにワイヤーを通します。ワイヤーが元に戻ろうとする弾力を利用して負荷をかけ、歯を移動させていきます。矯正治療が進んだら通院していただき、歯の動き具合を確認したうえでワイヤーを交換・調整します。唇側矯正はワイヤーの力が歯に伝わりやすく、ワイヤーとの摩擦が少なくなります。そのため、他の装置より歯を早く動かせて治療期間が短くなります。
口を開けたときに装置が目立つものの、さまざまな症例に対応できます。また、一般的にブラケットは金属製の銀色をしていますが、歯の色に馴染んで目立ちにくい白いブラケットもご用意しています。

唇側矯正のメリット・デメリット

メリット

さまざまな症例に対応できる

ほかの治療法では対応できる症例が限られるケースもありますが、唇側矯正であればほとんどの症例に適用できます。

装置が舌に当たらない

矯正の装置は歯の表側につけます。そのため舌が装置に当たらず発音への影響がないので、普段どおり話せます。また、食事のときも普段どおりに噛めます。

ほかの治療法より低価格

矯正治療の中ではオーソドックスな治療法で、多くの歯科医院で対応できます。症例にもよりますが、ほかの治療法に比べて低価格で治療を受けられます。

デメリット

装置が目立ってしまう

口を開けたときに装置が見えてしまいます。特に金属製のブラケットはギラつきもあるので、口元を目立たせたくないという場合は注意が必要です。

歯を磨きにくい

装置は取り外しできないため、食事のときに食べ物が挟まったり、汚れが溜まったりします。歯磨きもしづらくなり、虫歯や歯周病にならないよう普段以上に丁寧に磨かなければなりません。

唇が閉じにくい

装置は歯の表側に固定されるので、口元が出っ張ったように感じる場合があります。また、唇を閉じにくくなって多少の違和感が残りますが、徐々に慣れてきます。

目立たない唇側矯正

目立たない唇側矯正

装置が目立つような治療は避けたいという場合には、審美性を考慮した白いブラケットの唇側矯正をご提案しています。ブラケットが歯の色に溶け込むので、装置が目立ちません。他人に知られずに矯正治療をしたい、仕事の都合で目立つ装置をつけられない、という方におすすめです。また、金属製ではないので、金属アレルギーが心配な方でも安心してご利用できます。
一方で、金属製のブラケットに比べて壊れやすいため、場合によっては治療にかかる時間やコストが増す可能性もあります。

矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用
  1. 機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  2. 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
  3. 治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
  4. 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  5. 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  6. 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  7. 歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
  8. ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  9. ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  10. 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  11. 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  12. 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  13. 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  14. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  15. 装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
  16. 装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  17. 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  18. 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  19. 治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
  20. 加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  21. 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。